いつの間にか気にならなくなった

私は長年、O脚を悩みのタネにしていました。自動車保険見積もりプレゼント

筋肉が足りなければ鍛えればいいし、太っているならダイエットすればいい。ミドリムシナチュラルリッチ

肌が汚いのも摂生などすれば改善するでしょう。浮気 調査 探偵

しかしO脚はそう言った努力で何とかなる身体の悩みと違って、 骨格のつくりがどうしようもないと言う問題ですからね。

O脚を気にしているので当然「直したい」と思い、 無理やり両脚のスキマをくっつけようとした事もあります。

徒労に終わりましたが。

直せないのが分かると、意味も無く内股で歩いてO脚を誤魔化すようになりました。

そのうち、「O脚とは大腿骨が内側に捻じれている状態」とか 「O脚は正座をする日本人に多い」とか余計な知識も溜まっていきました。

直らない事が身にしみて分かり一種の絶望を味わいましたが、 絶望すると却って道が開けるものです。

「そうだ、他でカバーすればいいんだ」と、 それまでイマイチ良くなかった姿勢を良くする事にしました。

姿勢は骨格の問題じゃないですからね。

効果は、覿面でした。

そのうち、自分がO脚であった事すら忘れていたようです。

今久しぶりに記憶を引き出したところです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.saikawatakasumi.com All Rights Reserved.